読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

krtek072431's kimamaにっき

三十路を過ぎている 1980年代生まれ 2児の母。GLAYとUNISON SQUARE GARDENがお好き。

ライブ情報出遅れ

GLAYの追加公演と

f:id:krtek072431:20170221231726p:plain

f:id:krtek072431:20170221231753p:plain

UNISON SQUARE GARDENの対バン相手発表

f:id:krtek072431:20170221231829p:plain

キタ━━━━(·∀·)━━━━!!!!

 

 

しかしGLAYは地元公演ないから多分行かない…

ニゾンはもうちょい迷っていたい。

 

 

そして気持ちが 更にGRAPEVINEの大阪に寄った。

「グレイ違いのユニゾンが出るLIVEに行きたい」が圧倒的に強い。

 

 

 

おかげで だいすけ兄 卒業の切なさが和らいだ

バンドじゃないもん!プロデュース

f:id:krtek072431:20170203203826p:plain

個々の活動に興味ないと言いながらも、

HISASHIと田淵のアルバム共演が嬉しいよーーーーーーー

お祝いと称した雑記

GLAYのHISASHIサン、HAPPY BIRTHDAY。
これからも独創的に物事を捉えるマルチでサイバーな少年の姿勢を貫いてほしい。
HISASHI曲で1番好きなのは、neuromanserです。

近頃GLAYとしての表向きの活動が希薄になっていて、彼らのことを話す機会がないです。
知人友人にもGLAYの話をしていなく、なんだか物悲しいやら寂しいやら。

 

 

そんなこんなで、今後のLIVEの話。

TAKUROリーダーのソロ公演は見送り、
その他行きたくて目星をつけていた春以降のLIVEの先行予約抽選が1月中に2公演あり、

どちらも窓枠の公演で…
先日、浜松市内への出張ついでに 窓枠2階のAOZORAcafeへ寄って英気を養ってきたんだけど。
両方取れなかったガッカリ感に苛まれる。
まだ一般発売前だからなんとかなるとは思うけど、早く安心して楽しみになりたくて。

居ても立ってもいられず、とにかく1公演だけでもLIVEに行ける補償を作りたくって
悩みに悩んでいた、窓枠でもなんでもないGRAPEVINE×UNISON SQUARE GARDENZepp Osaka Baysideを取りました。
窓枠が取れなかったのは、この公演に足を運ばせる為だったのか…とこりゃもう思し召しと信じて。

子の行事が目白押しの5月。
大阪まで観に行くことができるのか…今からいろんな意味でソワソワ。

 

母ちゃんは今年も好き勝手にいきます。

憧れの存在

昨日のピロウズとユニゾンの対バン、とてもとても楽しみにしていた。

お留守番だけど。

 

ニゾンからの(田淵の溺)愛に応えてくれるピロウズ

受け止めてそれ以上で返してくれる先輩。

お互いに認め会える関係を築けていること。

 

自分がバンドマンになるとも思っていない学生時代に聴いていた音楽。

その頃から変わらず大好きなバンドに呼ばれ、肩を並べてステージに立つのはどんな気持ちだろう。

 

直接観ていないのに、想うだけでとても温かな気持ち。

 

 

 

それを踏まえて

バインとユニゾンの大阪、やっぱり行きたいなー

今年もゆるりと

UNISON SQUARE GARDEN

思うことを書き綴っていこうと思っていた矢先に

UNISON SQUARE GARDENGRAPEVINE と 対バンだっ!!!!!!!!!

f:id:krtek072431:20170117151640j:plain

窓枠の相手がわからないけど、こっちに行きたいぞ

季節の移ろい

UNISON SQUARE GARDEN
ニゾン、夏から始まった本数満載のツアーが終わってしまった。
悲しいやら寂しいやら。
 
しかし、fun time holidayを春に開催!
12本という限られた公演数の中で、また窓枠に来てくれるなんて!嬉しすぎ!
願わくはお好きなアーティストが窓枠公演であることを祈る。
 
以前までは東名阪でしかしていなかったのを大幅に地域を拡大して、たくさんの街に足を運んでくれる。
彼らにとって夢見てきたバンドの姿なのかどうかはわからないけど、LIVEを中心に活動してくれることが本当に嬉しい。
 
自分:メンバーを重きに置き、演奏がしっかり届く空間を意識したうえで、
会場は大きすぎないで、全国駆け回ってたくさんのLIVEをしてくれるのは、本当に凄いことで、有難い。
十分な体力や忍耐力と心身的に強靭なものを持ち合わせていないと務まらないし、見合った経済能力があるからできるとも思う。
それを念頭に置くと、あと10年後にも同じようにLIVEしてくれている保証はないし、自分もそこまで一緒にこのバンドを楽しむことができるかもわからない。
同じ時代に生き、楽しい音に出会うことが出来たことが儲けもの。
 
次のLIVEの楽しみが出来たので(チケットの先行発売もまだだけど)、引き続き毎日を頑張ろうと思う。

f:id:krtek072431:20161226235706j:plain