読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

krtek072431's kimamaにっき

三十路を過ぎている 1980年代生まれ 2児の母。GLAYとUNISON SQUARE GARDENがお好き。

161125_長野(1)

 

いろんなことが重なり悩んでいたけれど、UNISON SQUARE GARDENの長野公演、行ってきました。

悩み①チケットが取れた後、お世話になっている職場の先輩の定年お祝い会が決まり、予定が重なってしまった。
⇒公演日ギリギリまでお譲り先を探していたけど、見つからなかった。
悩み②住んでいるところから長野が遠い。
⇒車で最低4時間。
悩み③公演日の前日に各地で雪。行くなら車でと思っていたけど、タイヤを履き替えていない。
スタッドレスはタイヤショップの保管サービスに預けてあり、取り寄せに数日かかってしまう。公共の交通機関を使うと、かなりの金額に…
悩み④翌日の予定に、旦那の土曜早朝ゴルフ。子の参観会あり。


なんてこともあり、直前まで本当に悩んでいたのです。
けど、数か月ぶり彼らのパフォーマンスを観に行くことに決めました。

 

快く承諾してくれた旦那には、本当に頭が上がりません。
子供たちも「行ってらっしゃい!」と言ってくれて…みんな、ありがとうね。

 

ネーミングライツ以前の「長野県県民文化会館」時代にお邪魔したことがある、こちらのホール。

f:id:krtek072431:20161127074134j:plain

ちょっと懐かしい。
開場まで時間があったし、グッズも購入するつもりなかったので、善光寺にお参りに。
位置関係を全然わかっていなかったけど、駅からとても近いんだね。
会場から駅の善光寺口まで徒歩→バス移動にて向かいました。
上記ルートで バス停「善光寺大門」に到着するまで、30分かからなかったと思う。

仲見世の誘惑がありましたが、先にお参りを。

仁王門、圧巻でした。

f:id:krtek072431:20161127074202j:plain
苔むした感じで陰影がついており、遠くから見ても とても迫力がありました。

こんな粋な看板も。

f:id:krtek072431:20161127074309j:plain

以前に参拝した時は本殿が改修中だったので、初めて本殿内にてお参り。
その前に、香炉にお線香を。

f:id:krtek072431:20161127075156j:plain


本殿内は撮影不可。七五三や結婚のお祝いで経をあげておられ、厳か。

お参り後に味噌を塗った焼きおにぎりをいただきました。味噌と海苔の風味がよく美味!

f:id:krtek072431:20161127075307j:plain

早めに会場方面に足を向け、街並みを散策…
しようと思ったけれど、LIVE前に疲れるのヤだな と思い直し、即刻近くのバス停にいたバスに乗り込む。
乗客、私のみ。ぽつり。

駅で早めの夕食。立ち食いそばを頂き、会場に向かう。

f:id:krtek072431:20161127075339j:plain

徒歩寒い。


旅行記が長くなったので、日記を分けることにしよう。
後編に続く。

諸々、UNISON SQUARE GARDENのこと

UNISON SQUARE GARDEN

スマホから更新。

よこすか、カメラが入っていたんだねー
そしてBSで元日から放送とは…UNICITY1.5の映像もあり、メンバーのインタビューありで2時間弱。
なんて盛りだくさんなの!

そしてそして…the pillowsと対バンが発表されたー!!!!!!
最近久しぶりにピロウズを聴いていたから、なんの巡りあわせかと思ったぞ!
あぁーめっちゃ行きたい!!!!
けど、ちょうど子供の予定も重なっているし…無念だけど。あぁ
そうでなくても平日。仕事も休まなくてはいけないし、
家事も育児も、旦那と子供たちにお願いしてばかりになってしまうしね。

田淵がいうように「今日ピロウズとユニゾンLIVEなんだーへーじゃあ行ってみるか」みたいなの好きだけど、
地方民の母ちゃんは、そんなふうに当日フラ~っとLIVEに行くことは難しいっす。
ってかこのメンツでそんなの無理だ。BIG過ぎるし 知ってしまった今、楽しみすぎてニヤけてしまうから。
現にお知らせがあっただけでこんなに楽しい。

 


今朝は大きな地震があり。
東京以西の田舎県住まいですが、普段早起きしない旦那が過敏に反応していたくらいに揺れました。

東北地方にいらっしゃる方、大丈夫でしょうか。
余談ですが、明日のユニゾンさんの仙台公演も大丈夫かなぁ。

クルテク、静岡にようこそ

先月末にiphone7に機種変更したから
スマホからでも更新しやすくなったかと思いきや、そうでもなかった。
引き継ぎもする間がなく、ようやくさっき完了。ふぅ。
おかげでかなりご無沙汰な日記。
 
先月末の話になるけれど
イニシエーション・ラブの文中にも登場していた、地元の伊勢丹にて。
 
チェコアニメのキャラクターグッズが出店されていた為、行ってきました。
もちろん、お目当ては大好きなクルテク! 

f:id:krtek072431:20161102134743j:plain

 
グッズをいくつか購入。
Made in JAPANのクルテクグッズ、初めて買いました!

f:id:krtek072431:20161102043837j:plain

 
2,000円以上の購入でアマールカの紙袋に入れてもらえました。
とってもキュート♡

f:id:krtek072431:20161110102402j:plain

 
グッズが並ぶ傍らでキャンドルホルダー作りの体験が出来たので、息子と一緒に作ったのがコチラ。

f:id:krtek072431:20161102044525j:plain

 
グラスの内側から絵を貼り付けて、
樹脂インクの特殊なペンで外側から写し絵をする要領で。
上手にできました!
 
 
店員のお姉さんも使っていたiphoneケースが欲しかったけど、6s仕様しかなく。
7はカメラ位置違うのね。ぜひ7sでも作ってほしいなー。
 

『コンビニ人間』

読書
日付を越してしまったけど、昨日はJIROちゃん誕生日おめでとう。
これからもカッコよくて、センスあふれるオシャレなベーシストでいてほしい。
 
X JAPANが主催のフェスへの出演が無事に終了したGLAYサン。
キーボードサポートでD.I.Eさんが登場したようで!! 観たかった…!!
 
他、ゴールデンボンバーYOSHIKI乱入、YOSHIKI×HYDE、hideのピンクスパイダーなどなど
WOWOWの動画を観たよーもっと聴きたかった。
イエローハートを弾くYOSHIKIにちょっと感動した。
そいえば。hideの3D映画をやるってコンビニで観かけたような。
 
 
とかなんとか書きながら、最近ココに書いている内容は読書感想文ばかりなのだけど、
今日も御多分に漏れず。
 
 
--------------------------------------------------
 
 
コンビニ人間/村田沙耶香
芥川賞受賞、おめでとうございます。
気になっていたので、真夜中に本屋に駆け込んで買いに行きました。
 
【おおまかなあらすじ】
毎日聞き続けてきたコンビニの音。
恵子はその中に囲まれて新装開店時から18年、コンビニの為にアルバイトをして生きてきた。
婚活目当てでバイトに来た白羽さんとの出会いで、恵子は自分の人生に変化をもたらそうと考える。
 
【感想】
かわいそう。
相手に同情するっていう感情や行動自体が恵子には理解しがたいものだと思うし
「こっち側」で卑下し得る感覚なのだろうけど、率直な感想は、なんだか悲しい。
 
自身が感情の起伏が激しい人間なだけに、恵子の本当のことを分かりたくても分からないことが辛かった。
彼女の妹には深く同情してしまう。
 
読者の気持ちをザワつかせる文章表現。さすが芥川賞です。
「このコンビニは変わらないわね」と話しかけてくれるおばあちゃんを見て、恵子が感じていること。
“18年前から並んでいる商品は1つもなくて、お箸も袋も昨日のものとは違うし、18年前から変わらないのは自分だけ。”
哀愁が漂っていて、より切なく悲しくさせる。
“「赤ちゃんをただ泣きやませるだけなら簡単なのに」と思いながら小型のナイフを見つめていた。”
こういう描写もかなりインパクトが強くて、ズシンときたよ。
 
「これからもコンビニの為に生きていく」という自分らしさを再認識できた恵子のことを応援したい気持ちもあるけど、
死ぬまでずっと味のしない野菜やお肉を食べて、それが美味しいとも不味いともなく、
コンビニで働くことに楽しいも嬉しいも怒ることもなく、ただコンビニで作業する為に生きていくんだなぁ…悲しい。
効率的なのだけど、ロボットのようでなんだか冷たい印象。
正確に言えば哀はある、というか恵子が日常感じることができる感情が“哀しい”しかないと読み取った。
妹を悲しませたくない、とか、新人のバイトの子までもが「こっち側」の人間になっていくのが悲しかった…とか。
 
 
恵子の心からの嬉しいはコンビ二に直結したものでなければ感じることがない。
「店長が掲げた、からあげ棒を100本売る目標を達成できた時」にはきっと誰よりも喜ぶんだろう。
その姿を物語の中で見ることができたら、もう少し恵子の気持ちに入り込めたかもしれない。
でも喜びの幅がコンビニしかない。
 
コンビニを通していても並列したものでは感情を大きく揺さぶられることのなく、
18年も勤めていたら ささやかでもたくさんのドラマが生まれていたハズだけど、それを感じることがない恵子が、本当に悲しい。

『君の膵臓をたべたい』

読書

f:id:krtek072431:20161007010229j:plain

この衝撃的なタイトル。
最初に目にした時と、読み終えた今とでは、重みや印象が、まったく違う。
2017年に映画化が決まったそうで!
観たいような、イメージのままで心に留まっていて欲しいような…
 
私情を述べるのであれば、感傷的になりたい気持ちで読み始めてしまったばかりに、
その期待値が高過ぎて、思ったほどの感動や切なさを得られず、わずかながらに不満が残った。
とは言え、イイお話でかなり好きな一冊になったので、感想を書いていきます。
 
【簡単なあらすじ】
病院ロビーのソファに置き去りにされていた一冊の本。「共病文庫」と題されたそれには膵臓の病気で余命宣告された誰かの日記が記されていた。
その病気を患う張本人がクラスメイトの山内桜良であることを知った“僕”と、彼女の物語。
 
【感想】
誰かが居るおかげで自分があると考えて生きている桜良。誰も傷つけないように人を避けて生きている“僕”。
そんな2人が とにかく愛おしくて、気持ちを傍らから見守るようにして、一気に読んだ。
冗談に隠された 見えそうで見えない本音。
そこから「友達以上恋人未満」な 焦れったい雰囲気が漂うけど、それとは違う優しい関係。
とてもとてもイイなー。
2人で話している様子は、マヌケなのに時に容赦がなくて、ほっこりしたりひんやりしたり、いろんな温度の空気の流れを肌で感じるようだった。
 
それから物語が進むに連れて変化する“僕”の書き表し方。そこと物語の中から得る情報で本名を推測するのがまた楽しい。
187ページの最後のヒントで必死に考えたけど、わからなかったー。
文字っていろんな表現が出来るんだなぁと、改めて思ってしまう。
 
生きていることに感謝したい。
健康体のワタシが言っても説得力のカケラが微塵もないけど、いつどういう形でお別れになるのかなんてわからない。
人を思う幸せであたたかな気持ち、相手に届くように、ちゃんと伝えよう。
 
何気なく過ごしている毎日を見直したくなる一冊でした。

『奇想博物館(暗がりの子供)』&『夜のピクニック』

読書
先日、姉がスピッツのコンサートに行った。いいなー誘われたかったぞ。
アルバム「醒めない」いいね。
 
 
9月は本を読む時間が上手にとれました。嬉しーい。
 
とてものんびり読んでいたもので、奇想博物館をようやく全部読み切ることができた。
並行して数冊を読んでいると、短編集は後回しになりがちで、かなり長い期間に跨ってしまった。
「裏切られた!」とか「あぁ面白かった」と思える作品が多くて、出逢えてよかった一冊でした。
 
中でも、『道尾秀介/暗がりの子供』が、とても好きだった。
【簡単なあらすじ】
莉子は小学3年生。図書館で借りた「空とぶ宝箱」という絵本を読みながら、1人でおばあちゃんのお見舞いに病院に出掛けるが
その途中、バスの中に絵本を忘れてきてしまう。
想像を膨らませ、気になっている物語の続きを書いているうちに、絵本の主人公 真子と話せるようになり…
【感想】
莉子と母親の間に感じる不和。
どんな展開になるのかハラハラして、その先を文章から読者に想像させるのがうまい。
読んでいた時、心が荒んでいたので悪い方に悪い方に…考えて読んでしまったけど、
いいなー。こういうの大好き。
この作品の中心である絵本「空とぶ宝箱」の内容もほんわかしていて、心に沁みた。
 
 
--------------------------------------------------
 
読後の感想を、もう一冊分。
【簡単なあらすじ】
西脇融、甲田貴子の通う高校は修学旅行がない代わりに、24時間かけて80kmを全校生徒で夜通し歩く、歩行祭が実施される。
2人の男女は誰にも悟られぬようそれぞれに内に秘めた思いを抱え、歩行祭に臨む。
お互いの気持ちが揺れ動くさまを描いた純情ストーリー。
【感想】
この物語でやっていることと言えば、ただ歩いている。それだけ。
こんなあらすじではわからないと思うけど、読み終えた後は胸がスーッとした。
あと舞台や演劇なんかで表現しやすいストーリーだなぁと思った。
ただ歩いているだけなのに、その中で展開される融と貴子の心身的な変化。
体は疲れていくけれど、少しずつ近づいていくものがある。
ゴールへの道、2人のゆっくりと変化する心と、物理的な距離。
それぞれが次第に寄り添っていく様子が、とても清々しい気持ちになる。
 
夜通し歩いていたら、考えなくてもいいことまでも考えてしまいそうだけど、
思う事柄に自分の中できちんとした答えを見つけることができそうで、気持ちの整理をするには良さそうな「歩き続けること」。
合わせて「ただひたすらに何かを考える、何かに思いを巡らせる」という行動を昨今したことがないだけに、
そういう時間が持てることが贅沢で、たまにはしてみたいなぁと思う。イイ学校行事だね。
考えたいことがある訳ではないので、何に思いを巡らせるのか、まずはそれを考えながら歩き始める。
 
似たような行事が中学時代にあったけれど、距離が短かったことと、
中学生の私はただ友達と馬鹿を言いながら、歌なんかうたいながら(光一郎みたいに)歩いただけの記憶しかない。
その頃にこの本に出逢っていたら、何かが変わっていたかもしれないなー。
 
 
 
姉妹ってイイね。ワタシも姉が大好きです。スピッツ誘ってもらえなかったけど。
自分の子らにも、大好きなお兄ちゃん、大好きな弟の関係でいてほしい。
と思わずにはいられなかった母でした。

GLAY_TAKURO ソロ活動開始

スマホから更新。

TAKUROリーダー、ソロ活動開始ですか!
しかもプロデューサーにB'zの松本孝弘氏を迎えて!
オリジナルのギターインストCD、聴いてみたい♪
 
LIVEツアーもやるとはー!!
ステラボールとかZepp、埋まるかな…なんて心配になってしまう。
観たい人がちゃんと観ることができる条件を選んでくれたのかなー
でも平日公演が多くて、地元がないから気軽には行きづらいな…
今のところ遠征しようという意欲まではないの。CDよかったら考える。
 
ワタシはグループとしての“GLAY ”が好きなのであって、個々の活動にはほぼ興味がないのです。
(余談だけど、ユニゾンも 同じく…でも斎藤クンのソロLIVE風待ち、光について は聴きたかったぞ。)
が、TAKUROのソロというのはとても興味をそそられました。
まさか!な感じです。
 
松本さんとタッグを組めてよかったね、リーダー!!