読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

krtek072431's kimamaにっき

三十路を過ぎている 1980年代生まれ 2児の母。GLAYとUNISON SQUARE GARDENがお好き。

Dr.Izzy 追加公演+4本決定!!

UNISON SQUARE GARDEN

スマホから更新。

すごいすごーい!!ユニゾン追加公演!!!!
しかも最終公演日が変わる…
沖縄、遠すぎるけどスペシャル感があってイイなー。
 
これでツアー本数が48本になる。自身のツアー本数最多記録の壁を更に超えていくユニゾンさん。
今年、何回LIVEするんでしょね。
とても気になったので、
 
2016年、UNISON SQUARE GARDENとして出演したフェスやイベントのLIVE
+今後、年越しまでに決まっているLIVEを数えよう。
 
えぇ暇なんです。
 
flumpool対バン音楽と人(3月8日)
オーラル対バンTHE ORAL CIGARETTES 唇ツーマン TOUR 2016(3月13日)
ホイッスルソング(3月27日)
バニラズ対バンgo!go!vanillas presents READY STEADY (5月5日)
VIVA LA ROCK(5月29日)
ビッグママ対バンBIGMAMAnniversary 2016〜2017 MAMonthly Special (6月2日、3日)
パスピエ対バン 印象E(6月17日)
タワレコ渋谷 special LIVE(7月9日)
ロッキン(8月7日)
ライジングサン(8月13日)
J-WAVE LIVE SUMMER JAM(8月20日)
モンバス(8月21日)
ラブシャ(8月27日)
トレジャー(9月3日)
ベリテン(9月4日)
プログラムcontinued 16年分…5公演
UNICITY vol1.5…10公演
Dr.Izzy ツアー…44+4公演
 
これだけで79本。書きあげて思わず呟いてしまった、スゲェな。
 
オマケ(テレビ出演&収録LIVE)
Uta-Tube(6月11日)、Mステ(7月8日)、プレミアMelodiX(7月10日)
なんてのも。
 
年間で4~5日に1回はLIVEしてる計算。
移動中どこに向かっているのか、LIVE中、自分が何県のドコにいるのかわかんなくなりそうー。
 
 
昨年以前もこんなにLIVEしているのか知りたくて、こうやって集計してみたかったのだけど、
テレビ出演、イベント、フェス、対バンの情報を探すのがメンドーでやめた。
 
 
また追加があった場合、このページ更新しよ。
年末のRADIO CRAZY、出るんじゃなかろうか…

泣きたくなるほど切ない夜は

GLAY UNISON SQUARE GARDEN

軌跡の果て、とてもとても好きです。

 

近所のTSUTAYAで絶賛申込受付していたGLAYのBeat Outのアンソロジー。

アルバム自体に特別な思い入れがある訳ではない上に、
結構なお値段だし、以前にアルバムGLAYのアンソロジーを購入したものの、
ひと通り聴いた後、長いこと日の目を見ていないので今回も買わず。

面白いし好きなのだけどね、こういうの。

特典とかオマケで数曲だけのCDを…とかあったらイイかも。

 

------------------------------------------------

 

ニゾンの話。

今日からライブハウス公演が始まる!
どこにも行く予定はないけど、ホール公演とは演出が大きく変わるだろうし、
それに伴ってセットリストも変わるかも、と妄想してワクワク。
考えてるだけで楽しいな。

 

で、先日、公式で後半のホール公演の先行があり、
何となく申し込んだ、ちょっと行きづらい長野公演が当たったのです、2枚。
最終公演の市川が大本命で申し込んだのだけど、こちらはハズレて…
もう1回ツアー参加できるのは嬉しいんだけど、

 

今の気分は、欲を言えば切ないよ。

 

ブログ読んでくださっているユニゾンの歌とLIVEが大好きな どなか…

11月25日(金)の長野公演。私の隣りの席1枚になりますが、
チケットお譲り先を探しております。

 

今日の にっきは いつもの独り言ブログから逸脱。
どなたかの目に留まり、コメントや反応があったら嬉しいです。

 

 

『朝が来る』

読書

f:id:krtek072431:20160831060739j:plain

『朝が来る / 辻村深月』あぁ。あぁ。たくさん泣きました。

 

【あらすじ】

不妊治療の末、佐都子と清和は特別養子縁組として、生後間もない朝斗を迎え入れることになる。
朝斗が6歳のある日、産みの親である 片倉ひかり を名乗る女性から「子供を返してほしい」と 佐都子のもとに電話があり…

 

【感想】

中学生~高校生ぐらいの年齢って、反骨心の塊みたいなお年頃。
特に親に対して。
距離を置いてみたくなったり、言われることがいちいち癇に障って反発したり。
そうしていても 物語から伝わるひかりのどこか真面目な姿は、きっと両親譲りなんだろう。
朝斗が優しく嘘をつかない、6歳にして人の気持ちがわかる子に育っているのは、
佐都子と清和の育ての環境があるのはもちろんだけど、
1番はひかりも巧もまっすぐな心の持ち主だったから、って思う。
ひかりが朝斗に望んだこと、手紙にしたためていた内容は、自分が求めていたことだったのかな…切ない。
 
もっと人に愛情を注いであげられる人になりたいなーと思わせるお話でした。

本を読んでからドラマも観たけど、こちらも泣けた。
先の展開を考えては、佐都子とひかりが話す一言一言や、朝斗の行動に涙。

心の痛みや辛みが伝わるような細かい感情表現が数多にあり、
多くの場面で涙を誘われました。

 

最近読んだ、親子愛について考えさせられる本。
『母性/湊かなえ
自分には まったくない感情、心持ちの主人公で、感情移入できなかった。
けど、愛情が及ぼす影響で物事の見え方や捉え方が違うんだなぁ。
無償の愛ってなんだろう。とか、考えさせられた。
何より、子供に愛情を注げているのかな と、とても不安になり、
読み途中の本に栞を挟むたびに、子供たちを抱きしめていた。
 
『ミーコの宝箱/森沢明夫』
最後の方の母親であるミーコと、その娘のクリスマスの話もよかったけれど、
まだ小さかった頃のミーコの話で何度も泣いた。
特に祖母が本当はミーコのことがすごくすごく大切で、
眠っているミーコの枕元にそっと宝箱を置きに行き
「幸せになれよぉ」と声を掛けて頭を撫でた、
このシーンが1番じーんとして、大好きで心温まるヒトコマ。
最初のソフトSMの描写が 気分が悪くなるくらいに
リアルに想像できてしまう表現がされていたり、
先生とのお風呂のシーンも ちょっと官能的でくすぐったくて 衝撃的だったけど、
そこからもミーコや周りの人の信念や温かみを感じ取ることができて、
とにかく泣けた。
読んだ後、優しくなれる、人に優しく接したくなる一冊。

 

--------------------------------------------------

とてもとても余談で遅い情報だけど、

ラブシャのユニゾン、『8月、白昼の流れ星と飛行機雲』から始まったんだね。
ステキ。8月最後のLIVEだしね、あぁ最高。
 
あと遅ればせながら、会報のソラさんとの対談を読んだ。
斎藤クンの口から「花さか天使 テンテンくん」という言葉が飛び出したこと、
未だにエンディング曲を覚えていて歌えること(しかもご本人を前に一緒に口ずさむ) に驚きと喜びが入り混じった週末でした。

ニゾンが いつかソラさんと一緒にステージに立ってくれる日が来て、

その場に自分も居ることができたらなぁ。

 
--------------------------------------------------
 
旅行記を書いたけど、長すぎでこのブログのテイストに合わないな内容だったので、
下書きに戻した。
変わりに函館で見つけたそこかしこに点在していたGLAYの画像。
f:id:krtek072431:20160831060205j:plain

 

f:id:krtek072431:20160831060234j:plain

あと路面電車乗るときに見つけたユニゾン。ユニオンスクエアハコダテ。 

 

 

北海道旅行_2016.08

北海道旅行記、とても長いけど備忘録。

 
8月13日(土)~19日(金)
自家用車で北海道旅行してきました。
車で旅行や遠出をするのが大好きです。
 
--------------------------------------------------
 
13日(土)の明け方、3時半真っ暗な中 最寄ICを出発。
走行メーターをパチリ。キリのよい数字。

f:id:krtek072431:20160826013500j:plain

 
首都高でわずかに渋滞があったものの、ほぼ順調。
途中、矢板PAで家族を起こし朝食休憩。
謎のゆるキャラがお出迎え。
 
ここで旦那に運転を交替。紫波SAまで。
 
数キロの渋滞⇒解消⇒数キロの渋滞⇒解消…を何度も繰り返してお疲れの様子。
子供のトイレとか、お腹空いた、退屈…とかもあり、
ちょこちょこ休憩したけど白目向いて寝てたのであんまり覚えてない。
おかげで青森フェリーターミナルへの到着時刻が遅れそう。
紫波SAで運転交替。気持ちばかりが焦る。
再びワタシに運転変わってからは かなりスムーズで、フェリーターミナルにも出航の1時間ほど前に到着。ホッ。
 
17:05、本州を後にして、いざ、北海道は函館へ!!
北海道へと運んでくれたのは津軽海峡フェリーのブルーマーメイド。

f:id:krtek072431:20160826015516j:plain

 

 
甲板に出ると、津軽海峡に沈む夕日がとても美しかった。
ステキな旅の始まり。

f:id:krtek072431:20160826011826j:plain

一般客室でもかなりゆっくりできました。
とてもキレイで客室が細かく整備されていて、シャワー室も清潔感があり快適な4時間でした。
 
 
函館に到着。お久しぶりの北海道!GLAYを生んだ、大好きな街からスタート。

f:id:krtek072431:20160826011943j:plain

あぁ。早く何か食べたい。けど、フェリー到着時には21時を過ぎていたので、ガマン。
明日の朝は朝市だ。と思いながら、函館フェリーターミナルで1泊。
 
--------------------------------------------------
 
14日(日) 7時ごろ起床。
身支度したら即刻朝市へ向かう。
子供たちが喜んでた イカ釣り⇒イカソーメンで食べる。2,000円也。
 
こんなに高くなかったんじゃ?と尋ねると、今年はイカが不漁+お盆料金なのだそう。
値切り失敗。むむぅ。
イカ釣りのお店でサーモン&イクラの親子丼、うにかにいかほたての海鮮丼。
付け合わせのあおさ汁は風味が良くて美味しー。

f:id:krtek072431:20160826012829j:plain

その店を出てから 焼きうに、生うに、焼きアワビ。過去の記憶以上に美味しかったー!!!!
子供たちも満足そう。よかったよかった。
 
朝市を後にして、早めに昼食を購入。函館は見どころも食べどころも多い。
ラッキーピエロでチャイニーズチキンバーガー+ラキポテ+ウーロン茶のセット。
セットメニューいつできたんだろ?店を出ると長蛇の列。大人気だねー!
 
 
昼食をテイクアウトして、新函館北斗駅へ。
北海道新幹線、はじめましてー!!
エメラルドグリーンのボディに紫のラインが生える。必死に撮影。

f:id:krtek072431:20160826013402j:plain

新幹線好きな次男は大喜び!! 通常カラーのピンクのラインの車輌だけど、はやぶさが並んだ時はワタシも興奮した。

f:id:krtek072431:20160826015739j:plain

 
ひとしきり新幹線を眺めたところで、次の街に移動。十勝・帯広方面へ。
道央道大沼公園が始点になって、とても便利になった!
車中でチャイニーズチキンバーガーを貪る。冷めていても期待を裏切らずにうまい。
道東道、帯広・広尾自動車道を経由して高速を降り、
軽食をセイコーマートで購入。おなじみのレジ前バナナも。やぁ。
 
十勝平野を一望できるホテルの、逆側の景色のお部屋で一泊。

f:id:krtek072431:20160826015829j:plain

 
--------------------------------------------------
 
15日(月)
早朝に気球に乗る予約(子供たちにはヒミツ)をしていたものの、
5時半に悪天候で中止の連絡あり。無念。
子供たちも起きていないし、1人大浴場の露天風呂へ。
化粧バッチリなのに朝からイイ汗かいた。
 
朝食を済ませ、帯広 六花亭本店へ。食べてばっかり。

f:id:krtek072431:20160826015916j:plain

店舗限定サクサクパイ&アイスサンドを。コーヒーもいい香りで癒される。

f:id:krtek072431:20160826020000j:plain   f:id:krtek072431:20160826020018j:plain

とかしてたら、アイスサンドを半分落下させるワタシ。どんくさいな。
駅周辺でお祭り?が開催されていて、歩行者天国+ちょっと賑やかでした。
 
お昼は豚丼をこちらのお店で。

f:id:krtek072431:20160826020055j:plainf:id:krtek072431:20160826020254j:plain

f:id:krtek072431:20160826020334j:plain

豚汁を一緒に頼んだら、煮卵が入ってた!味がケンカ気味。 

f:id:krtek072431:20160826020458j:plain

豚丼は炭火焼で香ばしく焼かれていて、お肉もやわらかくて美味しかった。
 
富良野へ移動。ファーム富田とか、ぜるぶの丘とか、
あとは美瑛にも行きたかったんだけど、時間が取れず。
 
天気がビミョーだったけど一か八かで向かった、新富良野プリンスホテル
母は子供たちをどうしても気球に乗せてあげたかった。(自分も乗りたかった)
運よく夕方のフライトが決行されて、「気球に乗るの!?」と長男はキラキラの顔に!
その笑顔が見られてよかったよぉー!!!!

f:id:krtek072431:20160826020726j:plain  f:id:krtek072431:20160826020646j:plain

バルーンを膨らませるところも間近で見学でき、貴重な体験ができました!

f:id:krtek072431:20160826020826j:plain

 
こぼれ話。ますだおかだ&こじるりチャンがロケで来ていました。
こじるりチャンは顔が小っちゃくて、めっちゃくちゃ細かった!!!!
足首折れそうだった!
岡田さん、終始テンション高くて面白かったなー!
撤収時にコチラに手を振ってくれたので「ぎゅー!!」ってやったら、岡田さんも返してくれました。ありがとうございます!
増田さんは物静かでした…英彦サン…
…15年ほど前、あなたたちのことが、とてもとても好きでした。
と謎の告白をしておく。
 
夕食は長男がど----しても、ピザが食べたいというので…
旦那が調べてくれて入った、麦秋というお店に。
行列&駐車場にひっきりなしに出入りがあるだけあって、
すごくすごく美味しかったー!!
ピザはもちろん、タンドリーチキンもハンバーグもカレーも絶品でした!また行きたいなー!

f:id:krtek072431:20160826020939j:plain

 
お風呂は歌志内の道の駅まで。チロルの湯。
ここのお湯はぬめりととろみがあって、湯上りが とてもツルツルになって好き。
こちらの道の駅が今日の宿。もちろん車中泊
 
--------------------------------------------------
 
16日(火)
北海道に9年ぶりの台風接近中で本日も雨予報。そんな中、旭川に向かう。
朝ごはんはコンビニ ハマナスで購入。
ホットスパーがこのコンビニに切り替わっているそう。

f:id:krtek072431:20160826021100j:plain

 

なんとか雨もなく、薄日が差す中、旭山動物園へ。

f:id:krtek072431:20160826021136j:plain

フラミンゴがお出迎え。

f:id:krtek072431:20160826021215j:plain

鳥類のフライングドームを抜けて、ペンギン館を見学。
水中トンネルを素早く泳ぐペンギンたちを目で追いきれないし、
うまく撮影できない古機種。

f:id:krtek072431:20160826021303j:plain

 
その後、アザラシ館へ。筒をくぐるのを見つめる子供たち。上手に撮れた!

f:id:krtek072431:20160826021530j:plain

長男に手紙を書かせる。お友達に暑中お見舞いを頂いたので、お礼のハガキを。
上手に書けたよー
シロクマ館、猛獣館、レッサーパンダ(ちょっとだけ吊り橋を渡ってた!)、
くもざる&カピバラ館を眺め、
ゴリラの自販機でテンションあがり…
 
新設のキリン館で檻をべろべろする子どもキリンを眺めて、動物園を後に。

 

キリンの反芻、見られなかった。
 
次は旭川駅を目指す。お昼はコチラ。

f:id:krtek072431:20160826022022j:plain

20分ほどの行列の後店内へ。あぁ、この味。カップ麺でもあるんだけどね、
逢いたかった!

f:id:krtek072431:20160826022140j:plain

f:id:krtek072431:20160826022224j:plain

こってり風なんだけど一気に食べられちゃう。カリカリ梅がイイアクセントです。
かつての狭くて暗い印象で暑すぎる店舗から、
だいぶ広くて明るくて快適な温度でラーメンを堪能できる、
アクセスのイイ駅の真ん前に店舗が移転していました。
 
旭川駅前。イオン&オーロラビジョンと、駅舎が近代的な建物になっていて、
すごく都会な感じに変わっててビックリした!!

f:id:krtek072431:20160826022445j:plain

山頭火を賞味後、札幌・小樽方面に移動。
ここまで濡れるほどの雨はなかったものの、向かう先のお天気の雲行きが怪しい。
 
一般道で移動したためにかなり時間がかかる。
夕食にジンギスカンを。と思って松尾ジンギスカンに立ち寄るも、大混雑で断念。
道すがらにある すき家でイイかなぁと旦那が言い出したけど、
それはあまりに妥協しすぎ…ということで
たまたま目に留まった味の時計台へ。家族みんな2食続けてラーメンでも平気です。

f:id:krtek072431:20160826022640j:plain

札幌の思い出は以上。
大通りや時計台、駅周辺はまた行きましょう。と話して、小樽の日帰り湯へ向かう。
日帰り湯を済ませて、この日のは小樽のフェリーターミナルにて車中泊
この辺、疲れ切っていて全然写真がなかった。 
 
新日本海フェリーを望む。
新潟⇔小樽、23時間を航海する船舶は、青函線と比較しても大きすぎる。
お風呂でも海が見渡せて湯船も大きくて、キレイだった記憶があるなー。
また乗りたい。
 
--------------------------------------------------
 
17日(水)
朝一から行動開始。まずは腹ごしらえ。
南小樽駅前のパン屋さん亀十。昔ながらの雰囲気が漂う店構え。

f:id:krtek072431:20160826033347j:plain

ショーケースの向こう側でお母さんたちが笑顔で優しく、出迎えてくれました。
生地がもっちり・しっとり・しっかり。食べ応えあって美味しかった!
卵とハムのコッペサンド、子供たちも喜んで食べてたなー。
 
小樽といったらココ、北一硝子

f:id:krtek072431:20160826033410j:plain

石油ランプの温かみのある匂い。風鈴の優しい音色。指折りに大好きな場所。
2時間ほどかけて数店を周り、お気に入りと成り得るランプシェードを購入。
大事に使うね。
お醤油差しもお土産用に購入。
朝9時ころからウロチョロできたから空いていて見やすかった。
 
メルヘン交差点で蒸気時計の時報を聴いて、お昼にお寿司を。
あら、誤算。水曜日ってお休みのお店ばかり。
毎回行っているお寿司屋さんも 人気店も休業だったので、初めてのお店に。

f:id:krtek072431:20160826023046j:plain

お座敷カウンター、面白かった!お味も良かったです。お値段相応かな。
長男、まぐろ尽くしのお皿を1人で平らげる。旨いモノわかるのねー。

f:id:krtek072431:20160826023153j:plain

 
お寿司の後は、おたる水族館に移動。初めて!
雨脚と風が強まり、駐車場から園前までの徒歩で濡れる。

f:id:krtek072431:20160826023249j:plain

入り口左手には巨大サメの骨格レプリカ。
真正面には竜宮城と乙姫サマと思わしき壁画。その真下に大きなウミガメが。
 
ネズミイルカが水槽内を縦横無尽に泳ぎ周る。

f:id:krtek072431:20160826023739j:plain

コツメカワウソが仲睦まじく じゃれ合う。

f:id:krtek072431:20160826024141j:plain

オウムガイのお食事風景。

f:id:krtek072431:20160826032659j:plain

この3か所が、とても印象に残った。
 
オマケのチンアナゴ
可愛くメルヘンチックに装飾されていた水槽に、とても目を引かれました。 

f:id:krtek072431:20160826024221j:plain

 
本日のお宿、洞爺湖に向けて出発。
進行方向は渋滞なくスイスイ。対向車線は大渋滞。運転手のみなさん、お疲れさまです。
途中SAで休憩。
ハスカップソースのかかったアイス食べたり、ザンギ食べたり。
 
 
チェックイン予定どおりの17時ごろに洞爺湖に到着。

f:id:krtek072431:20160826024620j:plain

湖上花火を期待して湖側のお部屋を確保していたのに。
到着した時には雨降ってなかったのに。
フロントで「風が強くて花火は中止」と説明が。無念Part2。
 
部屋で一息ついて、洞爺湖のお湯に浸かる。
硬めな濁り湯。BBAのワタシのお肌には、湯上りちょっと乾燥しやすかったー。
地下の中浴場が貸し切りで、
次男を背中に乗せてバタ足しながら「ぞうさん」を熱唱したのはナイショです。
 
--------------------------------------------------
 
18日(木)
朝食バイキングが豪華絢爛。何を食べたら良いものか、迷った。
納豆とお味噌汁、ゆで卵、お刺身にとろろ、パンも数種類にサラダとフルーツ。
いっぱい頂きました。
 
チェックアウト後、お土産屋さん巡り。
10年ほど前の洞爺湖では捜しても売ってなかった、木刀。
今は銀魂を全面アピールして売られている。勢いで木刀キーホルダーを購入。
 
湖畔を散策+足こぎのスワンボート。宿泊したホテルを湖面上から撮影。いい眺め。

f:id:krtek072431:20160826024719j:plain

 
洞爺湖を後にして、函館へ戻る。
ハーベスターのチキン、八雲PA内で買えるんだね!道央道やりおる。

f:id:krtek072431:20160826033832j:plain

館内でいっぱい遊んでいっぱい汗かいて、芝生でもゴロゴロして、
子供たちは体をのびのび動かすことができて楽しそう。立ち寄ってよかったー♪

f:id:krtek072431:20160826025202j:plainf:id:krtek072431:20160826025251j:plain

f:id:krtek072431:20160826025347j:plain

無料施設なのに整っていて、1日居ても楽しめる。こういう場所いいなー。
住んでいる地域にも欲しい。安倍ごころとか、長田児童館とかに+αしたら同じような類になるのかなー。とてもイイ。

f:id:krtek072431:20160826025413j:plain

 
 
16時ごろに函館市外に到着。西日が眩しい。
早めの夕飯をと思い、朝市近くの人気ラーメン店に立ち寄るも、麺切れで店じまい。
駅前のゆうみんで塩ラーメン&チャンポン麺を。

f:id:krtek072431:20160826025442j:plain

チャンポン、海鮮類の濃い味に野菜の甘みがプラスされ、コクがあって濃厚で美味しー!そしてちょっとピリ辛。
フラッと立ち寄ったんだけど、good choiceでした。
 
西波止場、金森倉庫周辺でお土産を物色。
ここぞとばかりに買いまくる。じゃがぽっくる、五稜郭そば あじさいのラーメン、六花亭バターサンド、ロイズのチョコなど。
買い物を済ませて、ラッキーピエロ ベイエリア本店にて チャイニーズチキンバーガーを20:00の引き取りで予約。

f:id:krtek072431:20160826025555j:plain

どんだけ好きなのラッキーピエロと思われそうだけど、
週一で食べたいくらいスキです。この日も店内がとても混雑。
 
予約が済んだら、北海道旅行 最後の楽しみ、函館山に夜景を見に向かいます。
ロープウェイ乗り場まで15分ほど待ち、展望台頂上までいくと、
えぇー!? 何この人の多さ!!!!!!!!!
多国語が飛び交う国際的で賑やかな中、隅っこの方でちょこっとだけ夜景を見てから、下層でゆっくり夜景を眺める。
ガラス張りだけどベンチに腰掛け、ゆっくりと。

f:id:krtek072431:20160826025835j:plain

 
函館市街地は台風の影響がなく、絶好のロケーションでした。

f:id:krtek072431:20160826030104j:plain

f:id:krtek072431:20160826025942j:plain

 
時間予約していたラッキーピエロで商品を受け取り、フェリーターミナルに向かう。
もうすぐ北海道と さよなら。たくさん滞在できたけど、名残惜しい。
乗船待ちをしている間、牛サンを乗せたトラックに遭遇!同乗するみたいです。
 
 
スゴぉーいいっぱい!! 優しいお顔をしていて、カワイイべこチャン達でした。

f:id:krtek072431:20160826030630j:plain

f:id:krtek072431:20160826030646j:plain

 
 
帰りのフェリーは びなす。

f:id:krtek072431:20160826030833j:plain

青森からの運転は旦那におまかせ。寝ていたのでワカラナイ。
 
--------------------------------------------------
 
19日(金)長者原SAで一泊していた。
その後ワタシの運転で佐野SAへ。佐野ラーメン食べる。
みよみよの麺とあっさりスープの調和がよい。

f:id:krtek072431:20160826031120j:plain

途中、旦那の実家 さいたまに寄り1泊。
おじいちゃん、おばあちゃん、従兄妹にも久しぶりに逢えたぁ。感無量。
近況を話したり、子供たちと遊んだり、ご馳走を振る舞ってもらったり。
少しの滞在だったけどお世話になり、しばらくぶりにみんなの元気な顔を見ながら過ごすことができて、嬉しかったー!
子供たちにも旅行にプラスした思い出を増やしてあげられて、よかったぁ。
たくさん大声出して笑ってて、すっごく楽しそうだったなー。
 
--------------------------------------------------
 
こぼれ話Part2。20日(土)、埼玉スタジアムで試合があり、TERUが行っていたと知る。
ワタシその日、浦和美園のイオンに居たのよ。TERUが近くにいたことが、ちょっとだけ嬉しかった。
 
そして20日(土)の20時ごろ、自宅に到着。
走行メーターをパチリ。

f:id:krtek072431:20160826030403j:plain

総走行距離3,028km。
そのうちの約2/3は、静岡⇔青森の距離なんだがね…
たくさん走って寝泊まりも務め、旅行中に家族を守ってくれた愛車、ありがとう。
 
 
さぁ 次はどこへ行こう。

『イニシエーション・ラブ』

読書
えー?コレどうやって映像化されてるんだろ?
が、読み終わった直後の感想。
 
もう1年以上前になるけれど、地元の至る場所でロケが敢行されていたらしく、
なぜか社内食堂にもポスター掲示されていて大々的なPRがあったので(画像右側)、
とっても気になっていた。
その頃から「書籍が面白い!」とのレビューを見ており、遅ればせながら完読。
未だに映画を観ていないので、上述が率直な感想。レンタルしようかな…
 
【あらすじ】
舞台は80年代の静岡市。大学生の鈴木は、合コンで歯科助手のマユと出会い、付き合うこととなる。
大学を卒業した鈴木は静岡のギフト会社に就職したが、
栄転を見込まれて東京で仕事をすることになり、マユとは遠距離恋愛に。
東京⇔静岡という物理的な距離が 気持ちの距離をも広げていき…
 
【感想】
普通の恋愛小説のようで、すんなりと読み進められた。
多くを語ると面白みに欠けてしまうので 詳細な内容を伏せての思いは、
こういう甘酸っぱい恋愛や男女の駆け引き…してみたかったなー。若いっていいなー。
でも身に感じることがあったら、きっと人間不信になってしまうね。
全く別の切り口の感想として、馴染みのある地形(鈴木の住む小鹿・曲金界隈、静波までの道中150号線沿い焼津の酒屋、マユの実家が橋を渡った向こう側の丸子、柚木の教習所、住吉町から徒歩で15分ほどの場所にある右側角の伊勢丹など)や、
ローカル店「ジョルダン」…などなど、静岡だよ!ってところがいくつも出てきて、
80年代を舞台にしているとはいっても、文字だけでも幾分かリアルな景色を共感できたのは、地元人ならではだった。
ジョルダン懐かしいなー。鶏のささみと刻み海苔が乗った和風チーズリゾット、好きだった。
 
性的な描写が生々しく書かれているのが、女性目線からすると読んでいて気恥ずかしくもあったのだけど、
それにも多少なりとも、仕掛け的な要素が含まれているのだなぁと。
また最初から読み返したくなるのがわかる。しなかったけど。
 
「あなたは必ず2回観る。」と、映画では題打っているし、
小説だからこその表現がなされているこの物語を、堤幸彦監督がどのように映像で魅せているのか。
とても気になる。
先日から「奇想博物館」という、ミステリー小説の短編集も読んでいるのだけれど、
その中の「漆黒/乾ルカ」が同じようなテイストで、面白かったんだよなー。
 
 
話は大きくそれるけど、Mステのドロスがよかったー!!
そして今日から夏季休暇。
心休まる音と、少しの活字を携えて。北海道に行ってきます。

デストピア発売日&RISING SUN ROCK FESTIVAL 2016 in EZOを思う

GLAY UNISON SQUARE GARDEN
なんてこったい。
送料ケチったが為に、フラゲできなかった。
それどころか、発売日の今日も届いていない。
ひととおり曲を聞けているから、今回はCDショップまで行かずに待てる。
G-DIRECTで頼んだから お気持ちもついてくるし。待てる。
待つしかない。
 
19時からの吉田尚記アナ(ユニゾンのお友達)とHISASHIの対談、
とてもとても面白そうだったなー。
好きなアニメソングに「オリオンをなぞる」と書いてツイートしてやりたかったぞ。
端末が古くてアプリダウンロードできなかったから見られなかったけど。
おかげでPokemon GOもできないんです。早く機種変更したいです。
 
 --------------------------------------------------
 
GLAYのシングルが届かないコトよりも個人的に衝撃だったこと。
 
さっきユニゾンの夏フェスの出演状況を確認したら、
RISING SUN in EZO出るの!?
ニゾンはもちろん、他のアーティストが魅力的過ぎる…
その日の夜から家族旅行で北海道に行くんだよ…!!
なんたるニアミス…!!!!
 
BRAHMANスカパラ松山千春(チー様)がユニゾンと同じステージでやるなんて。
別ステージにパスピエピロウズ、また違うステージにバインもいる!
エリア移動だけでも めちゃくちゃ疲れるだろうけど、観た過ぎる。
何だコレは。
 
チー様がいるこのラインナップ、コレを逃したら一生ないね。
 
もう旅行日程を組んでしまっているし、家族の気持ちを置き去りにしてまでは行けない…悔しい。
旅行が楽しみなハズだったのに、ちょっと切ない…
自分の気持ちのやり場がないから、こうして書くことで整理してみるも悔しさが込み上げてくる。
そうなってしまった今の状況もまた、うーん。
 
(時系列ではユニゾン→チー様だけど)
チー様と同じステージに立つUNISON SQUARE GARDEN
日付を超えるタイミングでのGRAPEVINE。真夜中のBRAHMAN
 
行けなくて悲しいのに、今すっごくドキドキしてる。

We Love Happy Swing_160730(3)

GLAY
1日過ぎてしまったけど、昨日はGLAYの日。
幕張での20万人LIVEをしてから17年。
あの出来事があってから毎年なにかしらイベントを企てて、ファンに向けて発信してくれている特別な日。
それが今年はファンクラブLIVEという形で、30日&31日に開催されました
両日同じセットリストだったようで、30日だけだったけど参加できてよかった。
 
【We Love HAPPY SWING ~vol.2】
2016.07.30
 
  • 01.HAPPY SWING
    02.TIME
    03.neverland
    04.ストロベリーシェイク
    05.Scoop
    06.Ruby's Blanket
    07.運命論
    08.MUSIC LIFE
    09.HIT THE WORLD CHART!
    10.LOVE SLAVE
    11.LEVEL DEVIL
    12.YOU MAY DREAM
    13.Lovers change fighters,cool
    14.ACID HEAD
    15.週末のBaby talk
    16.Lock on you
    17.RainbirD
    18.Little Lovebirds
    19.疾走れ! ミライ
    20.BLEEZE
    21.デストピア
    22.アイ
    23.1988
    24.Cynical
    25.微熱Ⓐgirlサマー
    26.彼女はゾンビ
  • EN
    01.超音速デスティニー
    02.彼女の"Modern…"
 
 
よそ様から拝借したものを参考に、編集。
これで合っているハズ。
 
 
以下、印象に残っているところ、セットリスト見て思い出したことなどを記憶用に。
 
--------------------------------------------------
 
少し押して17時10分頃に開演。
SupernovaExpress2016に乗せた、映像からスタート。
青い旗を掲げて街中を駆け回る4人の子供たちのカットを挟みながら、GLAYの歴史を彩る場面がモニターに映し出される。
 
最初の曲はHAPPY SWING。
とてもとても後ろのブロックで、肉眼で確認するメンバーは小指の先ほどのサイズ
会場内にはモニターがたくさん設置されていて、人波の隙間からステージを覗いたり、
モニター越しにメンバーを観たりして楽しみました。
が、今回のモニター。歌詞が表示される。イヤだ。好きじゃない。
TERU間違えたらみんな気づいちゃうよ。
そういえば何かの曲でTERUではなくてコーラスの歌詞間違いがあり、ついモニターを確認してしまい
「あ…やっぱり」って思ったのがあったな。何だったのか思い出せないんだけど。
 
ちょっと話は逸れたけど、そのモニターに表示される歌詞のフォント、
その曲ごとに合ったものがチョイスされていたところに、GLAYらしいこだわりを感じた。
 
曲に関しては、本当に珍しい曲が多くて、イントロや歌い出しで おぉー!!ってなるのがいっぱいだった。
とは言え、それらが好きな曲かどうかと問われると別で、選曲が面白かったに留まるものが多数。
 
 
まずはJIROセレクトから。案外いっぱいあるんだね。
定番2曲(シャッター、ビリビリ)を外して7曲も披露。never landはLIVE初って言っていたかな。
アルバムUNITYは好きな曲多いけど、LIVEで演奏されるのは航海、Father&Sonばかりと思っていたところに。
個人的にUNITY内でも特に印象の薄かったこの曲を…!!
2曲目のTIME、イントロで会場が「わぁー!!」って反応してたの、よかったなー。
長居スタジアムでも気になっていたけど、Ruby's Blanketの最後の部分、「もう誰も離さない」って。
なんで歌詞変える?間違って覚えたTERUオリジナル?
運命論でモニター付近に吊り下がっていた球状の飾りが赤橙マゼンタっぽい色になって上下していたのが印象的。
 
 
見えた景色はハワイかな?「カモン、俺ッ!!」から始まったTAKURO曲はHIT THE WORLD CHART!。
LEVEL DEVILとLovers change fighters,cool、YOU MAY DREAMは、よかったなー
LEVEL DEVILは嫌いでちょっと好き。間奏がイイよ。変調気味なのよね。
Lovers change fighters,coolが終わって赤っぽい照明に変わり、長く続くギター音。
ACID HEADだね、と思っていたところでTERUの高音で伸びのある「yeah-----!!!!」…やはり。
この辺りで疲れ果ててきていたからACID HEAD厳しかった。
 
 
TERU曲、週末のBaby talkの終わり部分「晴れた幕張でまた会おうよ」こういうの好きだよね、TERUサン。
Lock on you…あぁ…コレきちゃった。
TERUがタンバリン叩くのに合わせて手拍子するのは楽しいよ、好きなんだけどさ。
まぁかつてほどにイヤらしくしないでいてくれてよかった。
男性ファンはどんな心理で観てるの?毎度気になる。
からの雨の音と静かな雰囲気が漂う照明でRainbirD(HISASHIのギター2本使いがとにかくカッコよかった)
→Littele love bird。鳥つながりで2曲。
RainbirDかRUNか…と友達とワクワクしていた。RUNは野外っぽいからちょっと違うかと顔を見合わせて。
 
 
HISASHI選曲前のケロちゃんトーク。
11,000円ー買うてやー。そこの、売店で売ってマース。君の家に連れて帰ってやー。
何だアレは?ケロちゃん可愛いけど 値段はかわいくないぞ。
で、あのアニメの曲からー!!みたいな紹介からデストピア。
続いてアイ、1988、「初めての俺の曲!!」Cynical!neuromanserない…!!
1988の歌い出し「逆立つ髪と」が「魚掴みと」に聴こえた約7年前から、未だ耳と意識を修正できない。
微熱Ⓐgirlサマーのモニター歌詞表示は 東京ドームと同じく、カラオケ仕様。
 
 
 
本編終了時にJIRO以外の3人は捌けたのに、1人何かを思い出したのか、ニコニコしながらステージに戻ってくる。
で、「写真撮り忘れた―!!」と言って、カメラを掲げて、マイクなしで「ハイ チーズッ!!」って叫びながら
ステージ上から四方の客席をパシャパシャ撮影。
回りながらリーダーのマイクで喋ろうとしたとき「…!!! リーダー、デカッ!!!!」って笑いながら言うJIROの隣りには
彼の目線ほどにあるマイク位置。それを見て、会場は爆笑の渦に。
ひとしきり撮り終えると「アンコールよろしく!!」と言ってJIROも捌けていきました。愉快愉快。
 
 
舞台裏コーナーでTAKUROの司会によるトーク。
TERU→HISASHI→JIROの順で。
やたら長かったTERUの番。しかし何を喋っていたか…
TERUからTAKUROに出していたクイズ「本編、どのくらいやっていたと思う?」ぐらいしか記憶にない。
それに対してTAKUROはかなり的外れな答えを言い、TERUに「メンバー個々の選曲で30分ずつあるんだから、最低2時間はあるでしょー」とツッコまれる。
笑顔で「そうかそうか」と返すTAKUROに、クイズの答え「2時間半です」とTERU。会場ビックリのどよめき。
そんな話をした後にTAKUROが「スタンバイをお願いします…タモリさんみたいだな」と言い、TERUが画面の下に潜るカタチで消えると
次はHISASHIが登場。そして「アンコール1曲目は超音速デスティニーです」とネタバレ。
HISASHIのトークが妙に短い。「これはHISASHIが短いんじゃなくて、TERUが長すぎたんです!」とTAKURO
最後にJIRO。「今日、改めてわかったことがある。」「リーダーはデカイ!!」って。
TAKUROは「明日はマイクを低くしておきます」と返す。優しいね。
 
 
そしてアンコール。
HISASHIの言ったとおり、超音速デスティニー。全部聴くのは初めてだー!
HISASHIラシイ言葉が散りばめられた一曲。HISASHIの曲はどことなく田淵っぽいと思ってしまう。
明日はシングルフラゲ日だ!
「ラスト-----!!!!」で彼女のmodern…激しいな。楽しくも疲れた。ヘトヘト。
メンバー笑顔だけど、めちゃくちゃ疲れていたように見えた。
ほぼMCなしで2時間半以上演奏してくれていたのだから、そりゃそうか。
45歳たち、体力あるよなぁ。
そう思いながらも、最後の手繋ぎジャンプを四面に渡ってやるなら
時間があったってことだし、もう1曲聴きたかったよね。
と、友達とちょっぴりイジワルな会話をして、LIVEは終了。
 
--------------------------------------------------
 
前後するけど開演前の話など。
開演5分くらい前に旦那から電話。嫌な予感。ほらね、やっぱり。
出張延長の知らせを聞いて、子供たちのいる実家に即連絡。
実家への電話中、不服な顔をしていたであろう自分。
電話を切ると、ワタシの表情と会話を察して、優しい言葉をかけてくれた友達。
いっぱい楽しもうとしていた直前に気を遣わせてしまって。本当に申し訳ない。
 
GLAYだけではなく、日々のさまざまなことがわかるほどにお互いのことをよく知っている、
いつも気持ちがそばにある感覚で物事を捉えて話してくれる友達。
10年来のお付き合いが今も続いていて、お互い気持ちを分かり合え、居心地よくいられるというのは嬉しく有難い。
そんな友達と出逢えて、今回は一緒にLIVEに行けて、本当によかった。
LIVEが終わった帰り道~帰宅後も、たくさん気にかけてくれてありがとう。
 
 
 
大好きなアーティストのLIVEが2週に渡ってあったこと、
何か月も前からお願いしていたけれど、旦那が急遽出張+延長になってしまうという偶然の重なりで、
たくさんの人を巻き込んで、母の意思を押し通す形となってしまったこと、心苦しく反省。
それを踏まえて、自分のワガママの為に、その間子供たちのお世話を引き受けてくれた両親、
じじばばの言うことを聞いてお利口に過ごしてくれていた子供たちに、本当に感謝。
 
みんなの協力があって、母は大好きな空間を楽しんでくることができました。
ありがとう。
 

f:id:krtek072431:20160802001329j:plain